RO水とは

基礎知識

RO水とは?天然水との違いやウォーターサーバー選びの基礎知識

「ウォーターサーバーの導入を考えているけれど、RO水とは何? 」

ウォーターサーバーを利用すると重いお水を宅配してもらえるから便利そうですよね。ウォーターサーバーについて調べていると「RO水」という言葉をよく見かけます。

サーバーのレンタルを考えてる方には、そもそもRO水とは何か知りたいと思う方が多くいらっしゃるのではないでしょうか。

このページではRO水とは一体何なのかを理解していただけるように、RO水と天然水を比較しながらご説明します。
RO水とは何かを理解していただき、ウォーターサーバー選びの助けになれれば幸いです。

RO水とは特殊なフィルターでろ過した水のこと

ROとはReverse Osmosis(逆浸透)を略した言葉。そして、RO水とは水をRO膜という特殊なフィルターでろ過した純粋の一種のことです。
まずはRO水がどのような仕組みで作られているのか見てみましょう。

RO水の作られ方

1度目のろ過

RO水の原水は水道水や地下水です。
それをまずは活性炭フィルター等でろ過し、不純物を取り除きます。

RO膜を使ったろ過

次にRO膜という超微細孔のフィルターを用いてろ過します。ここで、鉄、マグネシウム、カルシウム、ナトリウム、カリウム、亜鉛、バナジウムといったミネラルやカルキ、菌等の非常に細かい物質を取り除くのです。

RO膜は0.0001ミクロンの超微細孔のフィルターなので、ろ過によって放射能までも取り除くと言われています!だから、RO膜でろ過された水は限りなくH2Oに近い、純水(ピュアウォーター)といえるのです。

ミネラルの添加

最後に、ウォーターサーバーメーカーが販売するRO水には人工的にミネラル分が添加され、味が調節されます。

「天然水」と「RO水」の2種類の水

ウォーターサーバーメーカーが各社提供している水には「天然水」と「RO水」の2種類があります。天然水を提供しているのはアクアセレクト、プレミアムウォーター、コスモウォーター、フレシャス等です。一方、RO水を提供しているメーカーにはクリクラ、アルピナウォーター、アクアクララ等があります。

天然水を提供しているウォーターサーバーメーカーの方が、比較的多いです。

水の硬度とは?

「硬度」といった言葉を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。硬度とは、水1000ml中に溶けているカルシウムとマグネシウムの量を表わした数値で、その違いにより「軟水」「硬水」に分けられます。世界保健機関(WHO)の定める定義は次のとおりです。

軟水 硬度が60ml/L未満のお水
中硬水 硬度が60~120ml/L未満のお水
硬水 硬度が120~180ml/L未満のお水
超硬水 硬度が180ml/L以上のお水

ちなみに、水の硬度は水の産地等によって変わりますが、日本のお水は基本的に軟水です。

RO水は硬度が低いから赤ちゃんのミルクづくりに最適!

ウォーターサーバー会社が販売しているRO水は、ほとんどの場合、硬度30ml/L以下の軟水に調整されています。一方、日本の天然水の硬度は30~70ml/Lが平均的。中には硬度100ml/Lを超える天然水もあるんです。

赤ちゃんはミネラル分の多い水を飲むとお腹を壊してしまうことがあり、粉ミルクメーカーでも軟水で作ることを推奨しています。
そのため、赤ちゃんのミルクづくりには、硬度の低いRO水が適しているといえるでしょう。

特におすすめなのはアルピナウォーターです。RO水の中でも断トツで硬度の低いお水を販売するウォーターサーバーメーカーなので、赤ちゃんのミルク作りに最適です。

名称 水の種類 硬度(約mg/L)
アルピナ
ウォーター
RO水 1
アクアクララ RO水 30
クリクラ RO水 30
フレシャス
(フレシャス富士)
天然水 21
サントリー
南アルプスの天然水
天然水 30
コスモウォーター
富士の響き
天然水 68

しかし、天然水でも硬度の低いお水はありますし、日本の天然水は基本赤ちゃんのミルク作りに問題ないと言われています。そのため、今使っているお水が天然水だからといって心配しすぎる必要はありません。

RO水と天然水の違いを比較!

RO水と天然水の違いを5つの項目から比較してみましょう!比べる項目は次の5つです。

  • 作り方
  • ミネラル
  • 安全性
  • 価格
  • 美味しさ

1.作り方の違い

ここでの大きな違いは「原水」です。RO水の原水は安価な水道水や地下水。一方、天然水の原水は、産地や美味しさ、水質にこだわった天然の地下水や湧き水です。

RO水

RO水は前述の通り、水道水や地下水をRO膜を使ってろ過し、不純物だけでなくミネラルも取り除いて製造されたお水です。基本的にはその後人工的にミネラルを加え、おいしくします。

天然水

山に降った水には、幾重もの地層でろ過されるうちにミネラルが取り込まれます。これが天然水の原水です。

自然の中で天然水の原水が出来上がるまでには長い年月がかかります。
それを採水工場で採水し、必要最低限の処理をしたのが販売されている天然水です。

このような原水の違いから、RO水と天然水には価格に差が生まれます。

2.ミネラル分

天然水には自然の地層で溶け込んだミネラルが含まれています。ミネラルとは鉄、マグネシウム、カルシウム、ナトリウム、カリウム、亜鉛、バナジウムといった鉱物成分のことです。
RO水には、メーカーによっては人工的にこれらのミネラルが加えられています。

ミネラルは人の体に必要な5大栄養素の1つで、人間には欠かせない成分です。しかし、これらの過剰摂取は特に赤ちゃんにとってはよくありません。

日本の天然水もRO水も基本的には軟水です。しかし、RO水のほうが比較的ミネラル含有量が少ないので赤ちゃんのミルク作りには最適です。
一方、世界緑茶協会によると、硬度が低すぎるお水は日本茶には適さないようです。お茶づくりにウォーターサーバーを使いたい方にはある程度硬度のある天然水が適しています。

3.安全性

日本で販売されているRO水と天然水はどちらももちろん安全です。どのような違いがあるのか比較してみましょう。

天然水RO水を作るのに使われるRO膜は0.0001ミクロンの超微細孔のフィルターです。

そのため、ウイルス・菌・その他の不純物だけでなく、放射能までろ過されると言われています。水以外に何も含まれていない純水だから安心なのです。

天然水の安全基準となるのは食品衛生法です。チェック項目は39項目あります。
天然水の原水には、環境汚染などによる有害物質が混入している場合もあるといわれています。

しかし、国の基準をクリアした採水地で取れた水を原水としていますし、日本の基準は最高峰です。過度に心配する必要はありません。

もちろんどちらの水も安全です。しかし、放射能まで完全に除去されているRO水は、天然水よりも安心と言えそうです。

4.価格

ウォーターサーバーをレンタルする上で気になるのが費用。価格は低いほうがやっぱり嬉しいですよね。相場としては、RO水は24Lあたり3000円~、天然水は24Lあたり3500円~で、RO水の方が若干安い印象です。ウォーターサーバーのお水を水分補給だけでなく料理にも使いたい!という方には、安いRO水がおすすめです。

しかし、ウォーターサーバーを利用する際は水の料金だけでなく、サーバーレンタル料金などもかかります。ウォーターサーバーを選ぶ際は、水の種類や水の値段だけでなく、サーバーのレンタル料金や配達料なども比較しましょう!

5.美味しさ

一般的にミネラルの比較的少ないRO水ですが、味において天然水とどのような違いがあるのでしょうか。
水の味を判断する基準となるのが硬度とミネラル含有量とpH値です。

少し解説すると…

  • 硬度:水1000ml中に溶けているカルシウムとマグネシウムの量を表わした数値
  • ミネラル含有量:水に溶けているミネラルの量
  • pH:水溶液中の水素イオン濃度

です。

厚生労働省が規定する美味しい水の基準として、①硬度が30~100mg/L、②ミネラル含有量が30~200mg/L、③pHが6.0~7.5というものがあります。

しかし、実際に「美味しい」と感じる基準は人それぞれです。天然水にはミネラルが多いので「飲みごたえがある」「味がして美味しい」という人もいます。

しかし場合によっては「苦味が感じられる」という声もあります。

RO水は、美味しい水にするために人工的に味が調節がされている事が多いです。ミネラルが少ない分「クセがない」という声もあれば「味がしない」と感じる方もいるようです。

自分にあったお水を選ぶためにはやはり、飲んでみるのが一番です。商業施設での試飲会やお試しのできるウォーターサーバーメーカーで試し飲みしてみましょう!


自分が美味しいと感じるお水が天然水とRO水のどちらなのかわかるはずです!

お試しのできるウォーターサーバーメーカーはページの最後に記載しています!

RO水はどんな人におすすめの水?

ここまで5つの項目で天然水とRO水を比較しましたが、RO水とはどんな人におすすめなお水なのでしょうか。

RO水がおすすめなのはこんな人

  • 赤ちゃんミルク作りにウォーターサーバーを使いたい家庭
  • 水の安全性に徹底的にこだわりたい方

しかし、お水は毎日飲むものです。だから味にはこだわりたいところですよね。そんな方のために、お試しのできるウォーターサーバーメーカーをご紹介します!

お試し期間のあるウォーターサーバーメーカー

「お水の味がやはり気になる!!」。そんな方はやはり実際にお水を試飲してみるのがベストです。
ショッピングモールやスーパー等での試飲会もありますが、ここではお試し期間のあるウォーターサーバーメーカーをご紹介します。

クリクラ(RO水)

クリクラではクリクラボトル1本(12L)を無料でお試しできます!
設置費・お水代・サーバー代・宅配料無料で硬度の低いRO水がお試しできます。

クリクラの詳細はこちら

アクアクララ(RO水)

アクアクララでは1週間ウォーターサーバー(12L)を無料で体験できます!こちらも設置費・お水代・サーバー代・宅配料無料で硬度の低いRO水がお試しできます。
卓上モデルのウォーターサーバーも選択可能です。小さいスペースで利用したい方にはおすすめです。

アクラクララの詳細はこちら

ふじざくら命水(天然水)

ふじざくら命水は3ヶ月間お水代のみでウォーターサーバーをお試しできます。解約料やサーバー代はかかりません。
長期のお試しだから、お水の味はもちろん、実際どれくらいお水を使うのか知れるのは嬉しいポイントです。

ふじざくら命水の詳細はこちら

実際に飲み比べしてみて、好みに合ったお水を見つけましょう!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

こちらの記事もおすすめ

  1. 赤ちゃんにおすすめのウォーターサーバーはどれ?31機種徹底比…
  1. RO水とは

    基礎知識

    RO水とは?天然水との違いやウォーターサーバー選びの基礎知識
  2. 赤ちゃん向け

    赤ちゃんにおすすめのウォーターサーバーはどれ?31機種徹底比較!
  3. 赤ちゃんにおすすめのウォーターサーバー

    赤ちゃん向け

    赤ちゃんのミルクにはどんな水がおすすめ?作り方や選び方
  4. メーカーで比較

    クリクラは本当におすすめ?料金体系から悪い点まで整理しました!
  5. フレシャスはおすすめのウォーターサーバー?

    メーカーで比較

    フレシャスの人気の秘密は?デザイン・機能・料金・水など総まとめ!
PAGE TOP